〔Q&A〕分譲住宅は何を基準に比べる?どんな人に向いている?

Q&A

こんにちは、ひかわ工務店です。
今回は「分譲住宅」についていただいた質問をご紹介していきます。

※注文住宅についてのQ&Aはこちらの記事をご覧ください
http://iiiehikawa.jp/3055

 

 

〔Q.〕分譲住宅は何を基準に比べる?
〔A.〕立地、金額、間取りの3点が大きいと思います。

この3点が決まっていることが分譲住宅のメリットでもあり、デメリットでもあります。
決まっているからこそ比較・検討しやすい反面、決まっているために変更が利かないからです。

ただし間取りについては、引き渡し前に工事をしてくれる会社も多いので大目に見ることのできる部分もあります。
例えば、
・壁紙を変えたい
・コンセントやスイッチを増やしたい
・床を無垢材に変えたい
など、構造に関わることでなければ大体OKです。

もちろん工事費がかかるので、工事が始まる前にいくらかかるのかしっかり聞いておいてくださいね。

 

〔Q.〕分譲住宅はどんな人に向いている?
〔A.〕いちばん向いているのは、お子様の就学などで希望の立地と入居時期が固まっている人だと思います。

家づくりや家探しを始めるきっかけに多いのが、「子どもを広い家でのんびり育てたい」という理由。お子様が生まれて間もなくは見学会への参加が難しく、落ち着いた頃に二人目のお子様が生まれて……と、マイホームの夢を持ちながら気が付けば小学校入学直前!というケースも少なくないのです。

分譲住宅は注文住宅に比べて住み始めるまでの期間が短いので、ご希望のエリアで色々な物件を見学して、間取りや金額が合えばすぐに購入しお子様の就学までに引っ越すことができます

また、注文住宅と比べると安価な場合も多く、「注文住宅でなければ叶わないような要望は特にない」「住宅会社に特別こだわらない」という方も分譲住宅を選ぶことが多いですね。

ちなみにひかわ工務店の分譲住宅の場合は、一般的な分譲住宅のスペックを大幅に超えて「住みやすさ」に特化した上で、注文住宅のような「こだわりのお洒落」を実現しています。
定期的に分譲モデルハウスを建てていきますので、よろしければぜひ一度実物をご覧ください!