MENU

【コラム】ヒートショックの心配なし!理想以上の住み心地を叶えるひかわ工務店の家

こんにちは、ひかわ工務店です。
まだまだ寒い日が続いているので、「リビングは暖かいけど、お風呂やトイレが寒すぎる!」とお悩みの方もいるかもしれません。

家の中の“寒暖差”、特に浴室の寒さは「ヒートショック」※による事故の原因になるため、新しく家をつくるなら必ずチェックしたい項目です。

ヒートショックとは、急激な寒暖差から身体を守るために起こる、血圧の急激な変化のこと。意識を失ったり、最悪の場合は死に至ることもあります。

特に冬場の浴室では、洗い場と湯舟の寒暖差が大きくなり発症しやすく、日本では年間で約1万8000人がヒートショックで亡くなっているというデータもあるのです。

ひかわ工務店の家はヒートショックを起こす心配がほとんどないため、小さなお子様やご高齢の方にも安心して暮らしていただけます。
ここからは、その理由をご説明します!

▼ヒートショックが起こらない理由1:脱衣所や浴室にまで!部屋同士をつなぐ通気口

ひかわ工務店の家には、脱衣所や浴室も含めた、すべての部屋(トイレ以外)に通気口が設けられています。
この通気口を通って家中の空気が循環することで、お風呂も脱衣所も、廊下や玄関さえも、どの部屋もほとんど同じ温度を保つことができるのです。

ヒートショックは寒暖差=温度差から起きるので、家の中に温度差が生じなければ、発症の心配はありません

▼ヒートショックが起こらない理由2:空気の循環による効果をもっと得られるよう、基本性能を高水準に

一口に「通気口があるので家中の空気が循環する」といっても、壁に穴をあけて24時間換気をすれば良いというわけではありません。
ひかわ工務店の家は、空気の循環を促して温度の均一化や空気の清浄化をするために、いくつものこだわりを「基本性能」に取り込んでいます。

例えば、
・より効率よく温度を均一化するために、地中熱利用式換気システムを採用
換気性能をより高めるために、トップクラスの気密性断熱性を実現
といった性能面の高さを標準仕様にしています。

──

家の中の寒暖差が激しいと、誰でも体調を崩しやすくなります。
寒暖差がなくなり、肺に入る空気が暖かくなれば、身体への負荷が減って健康寿命が延びるというデータもあるんですよ。

今から老後まで、ずっと健康に過ごしたいのなら、ひかわ工務店の家がおすすめです!

少しでもひかわ工務店の家の「過ごしやすさ」が気になった方は、ぜひ見学会でその快適空間を体感してみてくださいね。

▼現在開催中のイベントはこちら!
>>https://iiiehikawa.jp/news/15645

最新記事