施工エリア紹介#5「中央市」住みよさで選ばれるまち

家づくりの想い

こんにちは、ひかわ工務店です。
今回は山梨県内で家づくりをお考え中の方に向けて、私たちの施工エリアから「中央市についてご紹介いたします!

▼施工エリア紹介バックナンバー
1:甲斐市はこちら
2:甲府市はこちら
3:南アルプス市はこちら
4:昭和町はこちら

▶︎中央市by Google Mapはこちら

中央市は、甲府盆地の南部、山梨県のほぼ中央に位置する市です。
東洋経済新聞社都市データバック編集部が発表している「全国住みよさランキング2020」では、なんと山梨県内1位に選ばれました。

さらに、2020年にAERA(朝日新聞出版)に掲載された「コロナ時代の移住先ランキング」でも、石川県金沢市に次いで中部エリア2位と紹介されています。

データに基づいて“住みやすい”と太鼓判を押されている中央市。
多くの子育て家庭に定住してもらうために、いろいろな支援をしているようです。

独自の子育て支援で住民をサポート

中央市は、国や県の子育て支援に加えて、市独自の支援事業で住民をサポートしています。

・チャイルドシートの貸与
・私立幼稚園の保育料助成
・英語検定料の助成
・ひとり親世帯に小中学校入進学支度金の支給
など、お子様のいるご家庭に嬉しい支援のほかにも、

・若者世帯の住宅新築、購入に対する奨励金の支給
・不妊治療費の助成
といった、子どもの笑顔が溢れる明るい未来へ向けた支援も行っているようです。

商業施設や医療機関が充実

市内にイオンタウンやオギノリバーシティなど中規模の商業施設があるほか、お隣の昭和町にある県内最大のショッピングセンター「イオンモール甲府昭和」にも車で数分~20分以内でアクセスできます。

また、県内最大級の病床数をもつ山梨大学医学部附属病院も中央市内にあります。
万が一の大きな怪我や病気を考えると、近くに最先端医療を研究している病院があるのは安心ですね。

全体的に地盤が心配な地域でもある

中央市は利便性が高いものの、川が多く、地盤の弱さが心配な地域でもあります。
家を建てる際に地盤改良が必要な場合は100~200万円ほど費用がかかる、と思っておくのがベターです。

中央市で土地を探す際には、住みやすさというメリットと、地盤が不安な地域というデメリットをどちらも念頭に置いて考える必要がありそうですね。

──

県内屈指の住みやすさや、独自の子育て支援事業を多数展開する積極性など、子育て家庭にとってメリットも多い中央市
峡中地域で家づくりをお考えの方にとって、有力候補となることは間違いありません。

その際はぜひ、ひかわ工務店にお任せくださいね!

次回の施工エリア紹介#6は、韮崎市編をお送りします。
更新をお楽しみに。