【コラム】2歳差きょうだい子育てを、ひかわ工務店の家づくりで楽にする!

家づくりコラム

こんにちは、ひかわ工務店です。
SNSでの「#2歳差育児」の投稿の多さから分かるように、子育てをしているママたちは忙しすぎる日々を過ごしているようです。

今回は、2歳差育児の“困りごと”あるあるから、ひかわ工務店で家づくりをするメリットをご紹介していきます!

困りごと1寝かしつけが終わらない!

寝室に行くと泣きだす、寝ている下の子を上の子が起こすなど、2歳差育児の「寝かしつけ」は毎日の最難関ミッション。
でもひかわ工務店の家なら、家中どこでもほとんど同じ温度なので、寝かしつけの場所を選びません!

きょうだいが落ち着いてくれる場所が、寝室ではなく和室やリビング……という日は、お昼寝布団やソファの上で寝落ちするまで快適にゴロゴロしてしまえば良いのです。

完全に寝入った後に一人ずつ寝室に移動してもいいし、泣きそうな予感がするなら寝室のお布団を持ってきてそのまま一緒に寝てしまっても大丈夫。
ひかわ工務店の家は真冬の夜でも羽毛布団がいらないほど暖かいので、やわらかい場所で毛布をかけて寝られれば、寝室で寝るのとそう変わりません。

また、ひかわ工務店の家で推奨している「吹き抜け」がある場合には、寝室で寝ているお子様がふと目を覚ました際に、階下からかすかに聞こえる話し声などで“ママの気配”を感じられて安心できます。

ママ自身も子どもの頃に、他の部屋から聞こえる家族の話し声や笑い声を聞きながら寝付いた記憶はありませんか?
それと同じように、お子様たちもきっとママの声を聞いて安心して寝られると思います。
泣き出してしまった場合でも、吹き抜けのおかげですぐに異変を察知できるので便利です。

困りごと2お風呂の時、脱衣所で下の子を待たせるのが心配

きょうだいをママ一人でお風呂に入れる場合、先に上のお子様とママが一緒に入り、下のお子様は脱衣所でバウンサー(ゆりかごの一種)などに待たせているケースが多いと思います。

その際にいちばん心配なのは「寒さ」、そして周囲から物が落ちてこないかという「危険性」ですよね。

ひかわ工務店の家は、脱衣所もお風呂の中も他のお部屋と同じ温度なので、脱衣所で待っているお子様も快適な待ち時間を過ごせます。
ファンヒーターなどの床置きの暖房器具も要らず、脱衣所を広く使えるので、家電の転倒や落下物の危険からお子様を守ることもできるのです!

お風呂上りの拭き上げの際も、暖房の位置やスペースの狭さに気を配る必要がなくなるので、ストレスが軽減されますね。

──

まだまだひかわ工務店の家が子育てに向いている理由が気になる方は、こちらのブログもチェックしてみてください!
>>日中のおうち時間編はこちら
>>健康編&家事楽編はこちら

実際にどれほど快適なのか知りたい!という方は、ひかわ工務店のモデルハウスにぜひ遊びに来てください。
小さなお子様も大歓迎ですので、安心してご来場くださいね!

★現在開催中のイベントはこちら