ひかわ工務店のこだわり~換気システム編~

ひかわ工務店の家づくり

こんにちは、ひかわ工務店です。
今回は、ひかわ工務店が採用している換気システムについてご紹介します。

【高気密・高断熱、そして熱交換型換気システムも当たり前の時代へ】

近年の家づくりでは、建築基準法改正の追い風もあり「高気密・高断熱」が当たり前になるのと同時に、「熱交換型換気システム」を重要視する声も大きくなりました。

“24時間換気”による計画的な換気が推奨され始めたことで、換気で寒くならない効率的な換気システム=「熱交換型換気システム」が必要とされるようになったためです。

家の気密性が高いほど、計画的な空気の入れ替えを邪魔する“すきま風”が減り、断熱性が高いほど、外気の影響によって暖かい室内が冷やされるのを防いでくれます。

つまりこれから主流になる熱交換型換気システムを導入するなら、“家が高気密・高断熱であること”が必須となるのです。

(この点においては、ひかわ工務店の家では大手ハウスメーカーをも圧倒する高気密・高断熱を叶えています)

【お財布にも地球にも優しい、地中熱を利用した換気システム】

その上で重要になるのが、「どんな換気システムを家に使用するか」ということです。
ひかわ工務店では、オカトミ社の「DSDD」という換気システムを採用しています。

熱交換型換気システムについて検索すると、全熱交換型、顕熱交換型と情報がたくさん出てくると思いますが、DSDDはどちらでもありません。
DSDDはそれらのシステムとは異なり、“地中熱”によって給気する空気を室温に近づける高効率な第三種換気※システムです。

地中熱は一年中ほぼ一定の温度を保っており、夏は涼しく感じ、冬は暖かく感じられる温度になっています。

地中熱を利用することにはお金がかからないので、ランニングコストが抑えられ、地球だけでなくお財布にも優しい換気システムなのです。

※住宅の24時間換気には、大きく分けて第一種換気と第三種換気があります。
第一種換気……屋外から室内への給気・室内から屋外への排気の両方を、機械によって計画的に行う換気方式
第三種換気……室内から屋外への排気にのみ機械を使用する換気方式

【全ての部屋、全ての空間を快適にするために】

高気密高断熱、地中熱利用式換気システムと理想的な環境を整えても、本当に「住みやすい」家にするためには「家中のすべての場所が快適」でなくてはなりません。

ひかわ工務店の家は、玄関や浴室、クローゼットなども含めてすべての空間が快適になるよう、トイレ以外の空間同士が繋がる壁すべてに通気口を開けています。
その結果、家中どこでもほぼ一定の温度・湿度を保てるようになりました。

6畳用の小さなエアコンを1台運転しているだけで、どこにいても、お風呂でも玄関でも、過ごしやすい綺麗な空気の中で暮らすことができるのです。

複雑になった「本当に住みやすい家」の説明をするには、実物を見ていただいたり、資料を用いて説明させていただくのが最も効率的です。
詳しく知りたい方は、ぜひ聞きに来てください!

ひかわ工務店の家がなぜ、皆さんの想像を超えるような快適性を実現しているのか。
実際に来て体感していただくと、納得できると思います!気になった方はぜひ一度、見学のお問合せをしてくださいね。

【12/27迄モデルハウス最終公開&家づくり相談会開催中!】
詳細はこちらから